大規模修繕工事実施例のご紹介(東京建物リサーチ・センター)

写真で見る大規模修繕・・・工事の内容とポイント

大規模修繕工事が始まると、生活の場の日常風景ががらりと変わります。
着工の準備、資材の搬入・設置、そして本格的に工事の佳境へと展開して行きます。
このページでは、実際に現場でどんなことが行われるのか、工事の内容(項目)ごとにポイントをご紹介します。
東京建物リサーチ・センターは管理組合に代わり、施工者が行うこれらの工事を監理し、品質確保に務めます。

仮設工事

1.仮設工事

工事に先立ち、現場事務所を設置したり、外壁の修繕に必要な足場を設置する工事です。

下地補修工事

2.下地補修工事

コンクリートに発生した損傷(ひび割れ・鉄筋露出・欠損等)を補修する工事です。

タイル工事

3.タイル工事

外壁等のタイルの劣化部分の補修を行う工事です。

外壁洗浄工事

4.外壁洗浄工事

塗装工事に先立ち、コンクリート面の汚れや脆弱塗膜の撤去を行う工事です。

内外壁塗装工事

5.内外壁塗装工事

外壁面の保護と美観の向上を行う工事です。

鉄部塗装工事

6.鉄部塗装工事

金属製品等の防蝕保護と美観の向上を行う工事です。

防水工事

7.防水工事

屋上・屋根やバルコニなど下階に漏水を起こすこと防ぐ工事です。

シーリング工事

8.シーリング工事

窓廻りやコンクリートの打継など、水の侵入の恐れのある部分のシーリング材の打替工事です。